2005-08

Latest Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フットボールアワー

フットボールアワー


岩尾望(いわお のぞむ)、後藤輝基(ごとう てるもと)からなるコンビ。コンビ結成は1999年4月に「後藤・岩尾」として始まり、その後「フットボールアワー」と改名しました。2003年M1グランプリ優勝。


フットボールアワーの特徴としては、まず一番にくるのがボケの岩尾のその奇跡的なブサイクぶりです。そして、その顔で想像がつかないほどの艶かしい言葉を使った笑いを作り、後藤の分かりやすいツッコミで笑いをとってます。
更にフットの他と違うところは、フリ→ボケ→ツッコミで一つの笑いではなく、一つの前フリでいくつものボケ・ツッコミを作り、その小ボケ具合が岩尾の艶かしい感じとつながり、いくつもの笑いが起こります。


ボケの岩尾は、吉本興業の若手の中でダントツで不細工で先輩のほんこんと双璧をなしています(吉本内のブサイク芸人ランキング3年連続第1位で殿堂入りしています)。さらには最近頭が薄くなってきて、よく髪のことをツッコまれています。ところが、本人は「自分は松たか子に似ている」とテレビ番組で発言したことがあるなど、どこまで自覚をしているのかは不明です。


対するツッコミの後藤は、岩尾とコンビを組む前に「エレキグラム」というコンビを組んでおり、当時ボケ担当でした。そのため結成当初はツッコミが機能せず、相方・先輩から相当のダメ出しを受けてたみたいです。そんな後藤のツッコミも現在では、「わかりやすい」ツッコミで評価を受けるまでになっています。特技はギターで野性爆弾と金重高志(マンガウルフ)とで「盆地で一位」なるバンドを結成してギターを担当してます(ちなみにギターはうまいが歌はいまいちらしい)。

 

全文を表示 »

スポンサーサイト

テーマ:お笑い - ジャンル:お笑い

スピードワゴン

スピードワゴン


スピードワゴンは、井戸田潤(いとだ じゅん)、小沢一敬(おざわ かずひろ)によるコンビ。結成は1998年で所属はホリプロコム。2003年M-1グランプリ2003で決勝進出。
スピードワゴンの結成のきっかけは、先に上京していた井戸田が、トラックを借りて突然名古屋にいた小沢を東京へと誘い出し、小沢は身一つで上京し、その後、井戸田と同居を始め、スピードワゴンを結成したそうです。


スピードワゴンは「甘い言葉(小沢が甘い(臭い)言葉を言い、それに井戸田が「あま~い、甘いよ小沢さん!」と大げさに叫んでつっこむ)」に代表されるような、小沢がかっこいい感じなボケをしてそれを井戸田が物凄いオーバーリアクションを返すというコントが多いです。


ツッコミである井戸田は、「甘ーい」、「あたしゃ認めないよ」などを見てもわかるように、テンションが高く、激しいツッコミが特徴です。ただ、すこし芸風が古臭い感がありますが。
最近、女優の安達祐実と結婚しましたが、一部のコアなファンからは「今の状況で女優を奥さんにもらうのが、甘~い!!」と、厳しい突っ込みを受けています。
対する「甘い言葉」を言う小沢の方は、実は照れ屋で、自分で言ったことに照れることも少なくないです。ちなみに仕事では相方とやる「甘い言葉」ネタですがプライベートではアンジャッシュの渡部建とやることが多いそうです。
小沢は、掠れたハスキーヴォイスが特徴で、その声と甘い言葉が最高に合っていると女性ファンがあとを絶たないです。しかし、よく聞くと「か」行の発音がおかしく、柳沢慎吾と似ているところがあります(実際に吉本時代には柳沢慎吾のものまねをよくやってました)。

全文を表示 »

テーマ:テレビ・ラジオ・ライブ - ジャンル:お笑い

ドランクドラゴン

ドランクドラゴン


塚地武雅(つかじむが)、鈴木拓(すずきたく)からなるコンビ。1996年に結成。2000年に「新しい波8」(フジテレビ)に出演したことから、翌年「はねるのトびら」のレギュラーに抜擢され、さらに「エンタの神様」に出演するようになり、ブレーク。



ドランクドラゴンのコントは、様々なキャラクターを演じ多彩なボケをかます塚地に対し、鈴木がやる気のなさそうなツッコミをするという流れです。
塚地の演じるキャラクターの代表的なものは「日本遊戯研究部」「アイドルおたく」などがあり、その評価は非常に高いものです。一方の鈴木のほうはお笑いに対しやる気がなく、しばしばミスをすることがあり、このコントラストも見ものです。
もともと塚地によって練り上げられたコントが特徴なのでアドリブのないコントのはずですがこの鈴木のミスのために展開がとんでもない方向に変わったりすることもあります。


上で述べたように塚地には笑いのセンスや演技のセンスなどがありますが、一方の鈴木にはそんなセンスは備わっておらず、変わりに"天然ボケ”という武器を持っています。そのため、バラエティのトークなどでは塚地が主にツッコミに回ってしまいます。また、そのやる気のなさなどをいじられたりするのですが、そのときもまったくうれしそうな顔をせずに逆に不満そうな顔をする始末です。たまに話を振られて前に出てきても何もできずにスベってばっかりで基本ノープランです。意外にも既婚者で子供もいます。

全文を表示 »

テーマ:お笑いDVD・CD - ジャンル:お笑い

«  | HOME |  »

カウンター

無料ホームページ ブログ(blog)

 

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

 

 

RSSフィード

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。