2005-10

Latest Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ロザン

ロザン


ロザンは、菅 広文(すが ひろふみ)、宇治原 史規(うじはら ふみのり)からなるコンビ。所属は吉本興業。


ロザンは、菅が大阪府立大出身、宇治原が京都大出身だったため、大学在学中は高学歴漫才コンビとして知られてました。一方で、菅は大阪府立大を中退し、宇治原は京大法学部を"授業料滞納"のために9年もかかって卒業をしたので、一部では高学歴&低学歴コンビと言われることもあります。
しかし、この二人はそれぞれ「オールスター感謝祭」(菅)、「ブレインサバイバーII」(宇治原)で優勝し、合わせて賞金600万円を荒稼ぎしたこともあるなど学歴に恥じない頭脳の持ち主です。
また、「紳助の人間マンダラ」という番組で'歌って踊れる芸人'というコンセプトでキングコング・ランディーズとともにユニットWEST SIDEを結成し、そのデビューシングル「WEST LOVE SHINE」が即日完売させたり、キングコングと共に映画「ガキンチョ★ROCK」に主演するなど、多方面での活躍を見せてます。


この二人は高校が同じ(大阪教育大学附属高校天王寺校舎)で、二人がバスケットボール部に入ったことが出会いだったそうです。コンビ名の由来は漫画『聖闘士星矢』の登場人物・紫龍の必殺技「盧山昇龍覇(ろざんしょうりゅうは)」からとったもので特に深い意味はないそうです。


ロザン自身によると彼らのお笑いは、あくまでも分析と計算に基づいてるらしいです。京大・大阪府大出というのも、そんな高学歴の人たちがお笑いの世界に入ったら話題になる、という計算が働いているそうです。漫才自体も計算し尽くされていて、狙ってる感がたまに出てしまうこともありますが無駄のないものになっています。また、意外と菅は毒舌でそのあどけない笑顔から繰り出される数々の毒舌ネタもロザンの特徴です。



全文を表示 »

スポンサーサイト

テーマ:お笑い - ジャンル:お笑い

ランディーズ

ランディーズ


ランディーズは、中川貴志(なかがわたかし)、高井俊彦(たかいとしひこ)からなるコンビ。所属は吉本興業。1995年にコンビ結成。


ランディーズの特徴といえばやはり大道芸でしょう。現在ではほとんどお目にかかれなくなったのですが、以前は漫才のネタの中に大道芸を織り交ぜ、電動のこぎりをお手玉のように回したり、火の玉を口に入れたり、と普通のお笑い芸人ではまずできないことをやっていました。


この大道芸は昔バラエティ番組「なりたぁ~い!」の企画で二ヶ月間世界中を旅して身につけたものです。また、その後「紳助の人間マンダラ」において'歌って踊れる芸人'というコンセプトの元にキングコング・ロザンとともにユニットWEST SIDEを結成し、そのデビューシングル「WEST LOVE SHINE」は即日完売するほどの人気となりました。現在では漫才だけではなくレポーターやパネラー、ラジオではメインパーソナリティを務めるなど活躍の場を広げています。


ちなみにランディーズというコンビ名の由来は“ランディ・バースのようになりたい”というものですが、中川が阪神ファンであるのに対し、高井は実は巨人ファンなんだそうです。


それぞれ大道芸では、中川が「人間ポンプ(水を一度飲み込み、すべて吐き出す)」等の技を、高井が鼻の穴に釘を刺す技などを持っています。




全文を表示 »

テーマ:お笑い - ジャンル:お笑い

«  | HOME |  »

カウンター

無料ホームページ ブログ(blog)

 

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

 

 

RSSフィード

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。