2006-01

Latest Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

U字工事

U字工事


U字工事(ゆーじこうじ)は、福田薫(ふくだ かおる)、益子卓郎(ましこ たくろう)からなるコンビ。アミーパークに所属し1998年結成。


U字工事は主に漫才を中心に活躍しており、基本的にはしゃべくり漫才です。ただ、他のコンビと違うのは2人の出身地である栃木弁を前面に押し出したしゃべりということです。
ネタの傾向としては、栃木の自虐ネタや隣接する茨城県との比較ネタなどが多く、そしてその中に必ず田舎臭さの残るフレーズを入れてきます。「コシヒカリとササニシキの区別も付かない」「卵二個食ってきた」など虚を付いたフレーズも魅力です。
益子にはツッコミを受けたときに自分で自分を殴る「卓ちゃんハンマー」という持ちギャグがあります。これは漫才中にネタがすべり勢いで林家三平のモノマネをするつもりが誤ってコメカミに当たり、意外にいい音が鳴ったのが始まりだそうです。


2人はもともと同じ高校(栃木県立大田原高校)のラグビー部に所属しており、福田が上級生から「ヒマだから、オメー、何かやれや」と言われたことがコンビを組んだきっかけです。最初は益子がツッコミをやってましたが、ツッコミで『なんでだよ!』しか言わなかったので役割を変えたそうです。


最初は「牛タンナポリタン」というコンビ名でその後「キャッチホン出る出る」などと改名を経て、同級生が「U字工事」と命名し現在に至っています。最近その同級生に由来を聞いたがその同級生は忘れてしまっていたそうです。そのときの同級生(消防士)の言い訳は「(オレは)火消しだから、記憶から消しちまった」。


現在は栃木弁を前面に押し出した漫才をしていますが、もともとは標準語で漫才をしてたそうです。栃木弁に変えるきっかけとなったのはライブを見た「浅草キッド」の水道橋博士に「なまりをもっと前面に出す方がいい」と言われたことだそうです。

全文を表示 »

スポンサーサイト

テーマ:お笑い芸人 - ジャンル:お笑い

«  | HOME |  »

カウンター

無料ホームページ ブログ(blog)

 

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

 

 

RSSフィード

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。