2006-01

Latest Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ネゴシックス

ネゴシックス


ネゴシックスは本名が根来川悟(ねごろがわさとし)の島根県安来市出身のピン芸人です。吉本興業所属でNSC22期生。



ネゴシックスは安来弁で喋り、スケッチブックに描いた絵・文章にツッコむネタや小道具やボードを用いた一人コントを得意としています。スケッチブックや小道具といった道具の違いによるネタの違いはなく、基本的にその状況でその絵(小道具)はおかしいだろ、という怒りネタです。
一見するとあるあるネタにも思われますが、あくまでも"あるある"ではなく"それはない"ネタで勝負をしているのでネタのセンスが問われます。また、ネゴシックスはいわゆる芸人顔なので多少のネタのすべりはカバーできます。あの安来弁と芸人顔は「何か面白いことをしてくれそう」となぜか期待させてしまう反則的な組み合わせです。

以下にネゴシックスのネタでよく登場する安来弁をいくつか挙げてみます。


ちょっこす、おかすな奴がおりますた!(少し変な奴がいました!)

だらじゃねぇか!(ばかじゃないか!)

なすてこぎゃんこと書くだ!(何でこんなこと書くんだ!)

どげなっちょ~だ?(どうなってるんだ?)



ネゴシックスは「島根県初のお笑い芸人」と言われ、島根では不動の人気がある(本人談)とか。名前の由来は、母親に「あんたは6月生まれやから、“ネゴロク”なんてどうや」と言われ、そこから自分でアレンジしたそうです。
ネタで使うスケッチブックなどはいつも大きな袋に入れて持ち歩いており、袋を持っている時は目立ってしまい本人だとすぐばれます。

また『baseよしもと ガンガンツアー2005』では、ヤンキーにからまれてやられてしまったというエピソードが明らかになり「新聞の記事にして犯人を捕まえて」と訴えてましたが、笑い飯の哲夫がその場に居合わせながら「助けずに速攻逃げた」などと仲間の行動も暴露され、しっかり笑いとなってしまった結果今でも犯人は捕まっていません。


全文を表示 »

スポンサーサイト

テーマ:お笑いDVD・CD - ジャンル:お笑い

«  | HOME |  »

カウンター

無料ホームページ ブログ(blog)

 

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

 

 

RSSフィード

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。