2006-03

Latest Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ビビる大木

ビビる大木


ビビる大木(ビビる おおき、本名:大木 淳(おおきじゅん))はワタナベエンターテインメント所属のピン芸人。元ビビるのボケで2002年春に解散後にピンとなる。


ビビる大木は、コンビ時代にはコントを主にやっており、そのコントもコンビとして確立していたわけではなく大木のキャラでもっていた感がありました。ピンとしては、もともとの知名度もありコンビ時代のキャラをそのまま使うこともできたので割とすんなりピンとしてのスタートをきることができ、コンビ時代以上の活躍を見せています。
役回り的には「いじられ芸人」な位置にいますが、気の利いたコメントを返すこともでき、コンビ時代に貼られた面白くないというレッテルも逆に追い風になっています。


ビビるは、相方の大内が突然芸能界からの引退を表明し解散してしまいますが、コンビ仲が悪かったわけでないようです。ビビる解散の日のラジオでは、「俺は今までずっと大木淳におんぶにだっこだったんじゃないか」と大泣きしながら大内が言えば、大木は涙を堪えるように「そんな事無いよ、俺だってお前に支えられてきたんだ」と返したり、ひたすらお互いに感謝の言葉を繰り返してました。


現在元相方の大内は、ホリプロの社員でこずえ鈴のマネージャー、アシスタントプロデューサーをしています。大木とは打ち合わせなどで会うことがあり気まずいながらも話したりしているそうです。


意外な接点としてSMAPの草剛とは小学校時代の同級生で、同じ野球チームに所属していましたが、草には「あんまり覚えてない」と言われています(実際の所は大木のことを覚えているのですが、「知らない」と言ったほうが大木的においしいだろうということからわざと強弁しているらしい)。その野球チームでは草が捕手を守り、大木は一塁手でした。


大木は、ピンとなっても「ビビる大木」としてビビるの名前を使っていますが、これは「ビビるは『バンド制』だから、相方が抜けても自分はビビる。新メンバーが来る可能性もある」ということで使っているそうです。
ちなみにビビるという名前の由来は「芸能界がビビるようなコンビに」という意味をこめたもので、名詞のコンビ名が多かったのであえて動詞にしました。

全文を表示 »

スポンサーサイト

テーマ:お笑い - ジャンル:お笑い

«  | HOME |  »

カウンター

無料ホームページ ブログ(blog)

 

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

 

 

RSSフィード

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。