2017-07

Latest Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

さくらんぼブービー

さくらんぼブービー


さくらんぼブービーは、鍛冶輝光(かじてるみつ、本名同じ)、木村圭太(きむらけいた、本名同じ)からなるコンビ。サンミュージック企画所属で1999年にコンビ結成。


さくらんぼブービーはショートコントを主にやっていますが、そのショートコントはどちらがボケかツッコミか分からないかなりの異質なものです。一般的にショートコントでは、一ボケが終わったらすぐに違うショートコントに入るものなのですが、さくらんぼブービーの場合一ボケを引っ張り続けることが多いです。ネタそのものも異質なものだったり擬音語が多かったりとさくらんぼブービーのやるネタには独特の空気が流れています。
持ちネタとして「○○加と思ったら鍛冶君」があり、ライオンや牛、バイク、サンシャイン60等の真似をしている鍛冶を木村が見かけ、最初は本物だと思い込んでた木村がそのうちに鍛治君だと気付くと「鍛冶君じゃない?」と問いかけ、無視されても、「鍛冶君?」「鍛冶君でしょ?」と問い続け、最後に鍛冶が明るく、「ウン!」と言って終わるというものです。
また、コントのブリッジで鍛冶君が言っている「ヴァ~~ア゛」というのは、マリオが土管の中に入っているときの音を表しているらしいです。


さくらんぼブービーというコンビ名の由来には諸説あり、鍛治がおっぱい好きでおっぱいを英語にしたブービーを使った、さくらんぼが好きで何をやってもビリから2番目(ブービー)だったから、などがあります。


エピソードとしては、ある番組で意味不明なネタばっかりをやっていたさくらんぼブービーに向かってくりぃむしちゅーの上田が「さくらんぼブービーは病院に行った方がいいですね。」とコメントしたことがあります。


二人とも今は本名ですが、糸瓜虫輝光(へちまむしてるみつ、鍛冶)、苺森圭太(いちごもりけいた、木村)という芸名を使っていたことがあり、また鍛治は最近「鍛治ファイナル」に改名しようと密かに考えているそうです。


そんなさくらんぼブービーの作品は・・・

ユニバーサルミュージック 飛石連休/どーよ/三拍子/さくらんぼブービー/笑!X-KING
笑!X-KING~厳選素材食べ放題! <楽天><amazon>
2005年1月13日に行なわれた、サンミュージック所属の若手お笑いタレント「飛石連休」「どーよ」「三拍子」「さくらんぼブービー」4組によるイベントライブの模様を収録した作品。

ビデオメーカー カンニング/他/イエヤス 爆笑セレクション Vol.4
イエヤス 爆笑セレクション Vol.4<楽天><amazon>
名古屋など一部の地域限定で放映されている正統派お笑い番組の第4弾。今作では、独特のキレキャラで人気を博す竹山と病気からの復帰を目指す中島からなるコンビ・カンニングや、独特の世界観を持つ漫才で人気を博すコンビ・飛石連休らの爆笑ネタを収録。
スポンサーサイト

テーマ:お笑い - ジャンル:お笑い

コメント

«  | HOME |  »

カウンター

無料ホームページ ブログ(blog)

 

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

 

 

RSSフィード

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。